長年の歴史の中にある新亜光学工業株式会社の凄さとは?

新亜工学工業株式会社の歴史を探る

特許取得の実績があるのは信頼以外にメリットがある

長年に渡り光学製品の製造や開発をした企業として、新亜光学工業株式会社は認知されています。国内外の企業に取引先が多いのも、信頼度を測れるポイントです。

お客さんに対して技術の高さを届けたりアフターフォローまでのサービスを充実させている以外に、世界に技術を広めるのも積極的にしています。例えば、他所の企業が新たな精密機械の開発をした場合は、積極的に情報収集を行います。その際に、新亜光学工業株式会社の技術も伝えるので、双方にメリットを得られるようにします。また、中国にある新亜光学工業株式会社のパートナー企業が、2019年に株式上場をしたとの話題があります。労力を惜しまずに世界レベルに技術を広めていることと、それができるスキルがあるのを伺えます。

2014年には光量調整装置、2015年は駆動モーターと光量調整装置の特許を取得しています。カメラの製造をする際に活かしており、ビジネスや生活場面以外に防犯対策の場面でも活躍をしているようです。その他研究や開発を通じて質の高い精密機械の製造ができた時は、積極的に特許申請をしています。費用や労力は少なからず発生しますが、世界に技術を広めるために社員は日々惜しまずに仕事をしています。

環境に配慮したソーラーパネルや太陽電池のような製品も製造や開発をしています。技術が進んでいるシンガポールに得意先企業があり、長年の付き合いがあります。初期費用は安くないですが、質の高い製品を提供している分、却ってコスパの高さを得られるでしょう。


TOPへ戻る