長年の歴史の中にある新亜光学工業株式会社の凄さとは?

>

新亜光学工業株式会社の歴史について確認しましょう

特許取得は信頼の証

新しい技術の発明や開発をした際に、特許を取得できれば1つの信頼を得られます。また、他所の企業や個人が特許発明の製造や販売を希望する時に、ライセンスを与えるのが可能です。特許庁には、毎月約3万件のアイデアの申請があるようです。早く申請ができた所に、特許権が下りる仕組みとなっています。なお、特許の申請をしてから認可を受けるまでは平均10か月程度掛かります。

中小企業であれば、特許権の取得ができると特定の分野特化した技術があるとの評価ポイントになります。大手企業では困難な細かな依頼にも、中小企業の強みを活かして応じやすくします。

新亜光学工業株式会社は、企業に合わせて細かい案件でも応じられる会社なのが1つの強みです。また、機会を見つけて特許申請も積極的にしています。

自分の身を守るためにするのも理由の1つ

研究や開発を進めるにあたり、たとえ高い技術や新しいアイデアが見つかった時でも、情報開示をすれば他所が参考にするケースはあります。特許申請を目指している企業であれば、先を越されてしまい、そこのアイデアとして使用されます。

新亜光学工業株式会社が積極的に特許申請をするのは、他所から勝手に研究内容を使用されないのも1つの理由です。場合によっては損害賠償請求も可能であり、他所が使用する際の制限ができます。

しかし、新亜光学工業株式会社は光学分野の技術を広めるために、国内外を問わず他所の企業が発展できるように可能な範囲で応える会社です。これまで培った技術に関する情報提供も、できる範囲で行います。双方がwin-winになれる関係づくりも欠かしません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る